国内の格安航空券を利用して恐山に出かけました

例大祭を行なわれている期間中に注意するべきこと

格安航空券を利用して青森県にある恐山に例大祭を行なわれている期間中に注意するべきこと恐山例大祭が行なわれている期間は7月の20日から24日まで

僧侶が、ご詠歌を唱えする人たちを先導して進み、それに続いて厳かに山主を乗せた籠の行列が進んでいきます。
菩提寺総門で籠から降りた山主は、地蔵殿へ参道を進んで向かわれるという内容になっていて、毎年たくさんの方たちが見物するために集まってくるのです。
普段は人気が少ない地域ですが例大祭が行なわれている期間中はたくさんの方が訪れているだけではなく、非常に長い行列になるため注意する必要があると感じました。
長期休暇期間に平日が含まれていたのは非常にラッキーだったと思います。
また例大祭を行なわれている期間中に注意するべきこととして挙げられるのが、イタコの方たちと恐山菩提寺とには関係がある訳ではないということです。
境内をイタコの方たちが利用しているだけに過ぎないため、恐山の寺務所に対して口寄せに関する問い合わせをすることは迷惑な行為にあたります。
口寄せをしてもらうための料金については、特段に決まっている訳ではありませんが、お1人の方の魂を降ろす場合のお気持ちや、お志として、およそ5千円ぐらいの料金を支払うのが相場となっている様子です。
予約制になっている訳ではありません。

国内格安航空券のTMS(ティー・エム・エス)